ウィルスや細菌の接触感染を予防する方法

 

接触感染を予防する方法@

 

体内の免疫力を上げて、感染する確率を下げる事。
免疫力が高ければ、ウィルスや細菌の感染症にかかりにくくなり、仮に感染しても症状が軽く済みます。感染しにくくするためには免疫力を高めることが非常に大切なのです。
免疫力をあげるためには、十分な栄養と睡眠や運動など規則正しい生活が大切です。しかし、免疫力はすぐには上がりません。普段から体調管理に気を配りましょう。
ウィルスや細菌の接触感染の予防と対策
接触感染を予防する方法A

 

手洗いやうがいはもちろん手に触れる箇所をこまめに消毒し、不特定多数の人が触る物には極力触れないようにする。
接触感染対策手洗い等

 

接触感染を予防する方法B

 

トイレのタオルやスリッパ等を共用しない。共用スリッパや足ふきマットは水虫などが感染します。特にトイレの共用タオルは感染者の糞便から他の人へと口腔を介して伝播する可能性が高い物です。使い捨てペーパータオルや各自専用のスリッパが望ましいでしょう。

 

接触感染の予防と対策
接触感染を予防する方法C

 

浴室トイレ洗面キッチン等の水回りの清掃消毒をこまめにする
トイレや浴室は人体から出る排泄物や分泌物が排出されます。またキッチンで調理された物は直接人体に入ります。汚れた手で触れたキッチンや洗面所も当然汚染されてしまいます。これら水回りの清掃消毒も感染予防に効果があります。
水回りの接触感染対策

ウィルスや細菌の接触感染のルートを遮断する

@咳エチケットを守る・顔を触らない・手を口に近づけない

 

咳やくしゃみをするときはハンドタオルや肘等の衣服で口を覆うようにする。手で口を覆ってしまうと手にウィルスや細菌がついてしまいます。ウィルスや細菌で汚染された手で顔を触ってしまうとせっかく洗ったてがまた汚染されてしまいます。
接触感染の感染ルート

 

A人の手が触れる箇所の消毒殺菌を徹底する

 

玄関等の入口扉から電気のスイッチや洗面所やトイレ スマートフォン テレビやエアコンヤゲーム機のリモコン等の手に触れる物をこまめに消毒殺菌する。
ウィルスや菌の接触感染予防と対策

接触感染予防の盲点とは

接触感染の盲点@

 

外から帰って手を洗っただけで安心してはいませんか?人は無意識に顔をさわっています。ウィルスや細菌の付いた手で顔や頭を触っていたら顔や頭にもウィルスや細菌が付着しています。衣服にも付着している可能性があります。外から帰ったら真っ先に手洗いうがいと一緒に顔も洗いましょう。できれば着衣は洗濯籠に入れて、すぐに入浴するのがベストです。
ウィルスや菌の接触感染予防と対策消毒方法

 

接触感染の盲点A

 

スマートフォンは消毒済みですか? せっかく手を洗って入浴したのにウィルスだらけのスマートフォンを触ってしまっては全く意味がありません。帰宅時にアルコールで手指消毒する際にスマートフォンも一緒にアルコール消毒しておきましょう.。キーホルダーやバッグの持ち手等も同様です。外から家の中に持ち込むものは可能な限り消毒しましょう。
接触感染の感染ルートと予防方法
タッチパネルの接触感染対策

 

接触感染の盲点B

 

接触感染の盲点はスマートフォンだけではありません。たくさんの人が触れる硬貨やお札でも感染リスクがあります。可能な限り硬貨やお札も消毒したり、できるだけキャッシュレス決済を利用するなどして工夫しましょう。
接触感染予防の盲点
スマートフォンを触った手でボール等の人と共有する物を触ると細菌やウィルスも共有してしまう。
共有する物での接触感染

 

接触感染の盲点C

 

マスクの位置調整でついマスクに触れている。マスクの外面には飛沫やウィルスが付着しています。マスクがずれた時に位置を調整するために、つい手で直接触ってしまいがちですが、手が汚染されます。マスクの位置調整するときはティッシュ等を使ってつまんで調整しましょう。
接触感染の感染ルートと予防方法

 

病院や介護施設での接触感染の盲点@

 

通常、病院や介護施設等は清掃や消毒がしっかり行き届いておりますが、院内感染・施設内感染が発生する時は以外な盲点が元で感染が広がるリスクがあるようです。例えば病院ではスタッフが共用する携帯端末やカルテを収納するクリアーホルダーが原因で医師⇔看護婦⇔事務・会計スタッフとスタッフ間で院内感染が広がるリスクがあります。またスタッフの更衣室や休憩室などの消毒も必要です。医療器具だけ消毒しても院内感染対策としては不十分です。また受付け問診票記入時に使用する筆記具も使い捨てのクリップペンシルを使用するか、使い捨て手袋を渡すのも良いでしょう。
接触感染対策カルテフォルダー
接触感染対策クリアーファイル
体温計を消毒しても問診票とペンを使いまわしすれば接触感染のリスクとなります。
問診票の接触感染

 

病院や介護施設での接触感染の盲点A

 

病院・介護施設・保育園等に勤めるスタッフが通勤に使用する自家用車が媒体となって、その家族間に感染するリスクがあります。自動車のハンドル・ドアノブ・シフトレバー・サイドブレーキ・ドアノブ・スイッチ・シートベルト等手を触れる箇所は常日頃から消毒しておきましょう。また靴底には飛沫が付きやすいので、職場で履いた靴は職場を出る際に履き替えるか念入りに消毒しましょう。
自動車や電車等の乗り物の接触感染対策
自家用車の接触感染対策

 

病院や介護施設での接触感染の盲点B
病院・介護施設等で使用するディスポ手袋の二重使用にはリスクがあります。ディスポ手袋やゴム手袋にはピンホール(目に見えない小さな穴)が開いている可能性があります。手袋を二重使用することで手袋と手袋の間で汚染や病原体が拡大する可能性があります。手袋を二重にしているからと言って、節約のために外側だけ外して人やモノに触ってしまうと接触感染を広げるリスクがあります。また外側の手袋だけ新品に交換すると汚染された内側の手袋で新品の手袋も汚染してしまいます。どうしても二重に使用するならば手袋を過信せずに外側も内側も全部交換して交換するたびに手洗いが必要です。
接触感染のリスク手袋

 

病院や介護施設での接触感染対策

接触感染対策コーティングや抗菌フイルムを施工して接触感染を軽減する

接触感染をコーティングで低減する

 

 

接触感染対策コーティング施工例

接触感染対策コーティングで感染リスク対策

 

接触感染対策フィルム
接触感染対策フィルムで感染リスク対策

 

接触感染をコーティングで低減する 接触感染をコーティングで低減する 接触感染をコーティングで低減する
コーティング施工無し コーティング施工済み

 

接触感染対策コーティングとは

 

※新型コロナウィルスは試験結果データがございません。またすべての細菌やウィルスを完全に低減することはできません。アルコール等の消毒薬によるこまめな消毒が必要です。

 

トップページに戻る

 

 

サービスメニュー

トップへ戻る