抗菌タッチパネルでの接触感染のリスク対策をする

 

抗菌タッチパネルは銀系抗菌剤と超親水バインダーの組み合わせで、高い除菌性能が長期間持続する抗菌液晶保護フィルムの施工で接触感染リスクを低減。
フィルムで接触感染対策
スポーツクラブのランニングマシンのタッチパネルや銀行コンビニATMや駅の自動券売機や自動精算機のタッチパネルなど様々なシチュエーションで安心して触れられる抗菌タッチパネルに
スポーツクラブでの接触感染対策

抗菌タッチパネルは接触感染リスク対策に貢献します。

抗菌タッチパネルは従来技術に対して高い抗菌性能が長期間持続

 

幅広い菌やウイルスに効果を発揮

 

抗菌タッチパネルフィルムのHydro Ag+は、細菌だけでなく、ウイルスやカビなど、さまざまな微生物の増殖を抑制します。またSIAA(抗菌製品技術協議会)認証マークも取得しており、高い安全性も確認できています。
* 全ての微生物への効果を保証するものではありません。対象となる微生物についてはお問い合わせください。
タッチパネル用抗菌感染対策フィルム細菌写真

 

抗菌タッチパネルの高い衛生性と安全性
高い衛生環境が求められる介護施設や交通機関や宿泊施設など公共施設での液晶タッチパネルを強力抗菌コート
交通機関の券売機や店舗の自動精算機や公共施設で。誰もが触れる液晶タッチパネルは、それだけにさまざまな細菌の繁殖・感染の危険にさらされています。
富士フイルム製の強力かつ持続力に優れた抗菌液晶保護フィルム「Hydro Ag+」を採用、液晶タッチパネルの衛生性、安全性を高めます。

 

・銀行コンビニのATMを抗菌タッチパネルに
・自動券売機や飲食店の注文パネルを抗菌タッチパネルに
・スポーツクラブのランニングマシンを抗菌タッチパネルに
フィルムで接触感染対策
フィルムで接触感染対策
フィルムで接触感染対策
抗菌タッチパネルは厳しい衛生管理が求められる現場でも採用されています。
フィルムで接触感染対策のしくみ
フィルムで接触感染対策のしくみ
富士フィルムの抗菌フィルムを採用しております。
抗菌マーク接触感染対策フィルム
SIAAマークとは一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)が定めた抗菌性と安全性を満たす抗菌加工製品に付与できるマークです。SIAAの定める抗菌性とは、抗菌処理を施した製品表面に付着した細菌数が24時間後に1%以下であることとされています。また使用される抗菌剤の安全性についても厳格に規定されています。
急性経口毒性でLD50(マウスなどに投与して半数が死ぬ量)が2000mg/kg以上
1.皮膚一次刺激性が刺激を認めないあるいは弱い刺激
2.変異原性が陰性
3.皮膚感作性が陰性

接触感染を低減するしくみ

抗菌タッチパネルのHydro Agは銀系抗菌剤を特殊な超親水バインダーの中に分散することで、塗布膜表面だけでなくね膜中からも銀イオンが供給されます。これにより塗布膜表面の銀イオン濃度を高いレベルに維持でき、高い除菌性能を長期間維持できるのです。

 

従来の銀系抗菌シート(非親水膜)
フィルムで接触感染対策のしくみ 
抗菌タッチパネルフィルムHydro Ag(超親水膜)
フィルムで接触感染対策のしくみ

 

抗菌タッチパネルのフィルムは従来の抗菌フィルムの100倍の抗菌性能が長期間持続します。抗菌性能試験において菌接触後わずか1時間で菌の99.99%以上が減少。従来の非親水性バインダーを用いた銀系抗菌コートに対して100倍以上の抗菌性能を示しました。

 

タッチパネル用抗菌感染対策フィルム仕様

 

先進・独自技術を融合
抗菌タッチパネルのHydro Ag+には、富士フイルムの先進・独自の技術を融合、写真フィルムの分野で培ってきた銀に関する知見や精密塗布技術、さらにはグループの製薬会社、富山化学工業の抗菌性能の評価技術が生かされています。

 

* 本製品は、医薬品、医薬部外品ではありません。

 

ウィルス対策コーティング・抗菌タッチパネルで感染リスク低減

学校や保育園の接触感染対策コーティングお問い合わせ

接触感染対策コーティング・抗菌タッチパネルは

(有)リファインまで

接触感染対策コーティングのリファインロゴ

 

学校や保育園の接触感染対策コーティング電話

 

※新型コロナウィルスは試験結果データがございません。またすべての細菌やウィルスを完全に低減することはできません。アルコール等の消毒薬によるこまめな消毒が必要です。

 

 

トップページに戻る

 

 

サービスメニュー

トップへ戻る