よくある質問

※新型コロナウィルスは試験結果データがございません。またすべての細菌やウィルスを完全に低減することはできません。アルコール等の消毒薬によるこまめな消毒が必要です。

 

コーティングする前に除菌や掃除はしてくれるんですか?

コーティングは下地処理が重要です。下地処理が甘いと効果が長続きしません。弊社ではコーティングする前にアルコールや特殊除菌剤で除菌洗浄して脱脂等の下地処理をしてからコーティング施工します。事前の掃除については、あらかじめ掃除しおいていただいた方が施工価格を低く抑えられます。

 

どういう風に除菌するんですか?

弊社ではWHO世界保健機構や厚生労働省が推奨する消毒方法で除菌しております。使用する除菌剤はアルコールベースの物と水成二酸化塩素を使用しております。手の届かない箇所は例外ですが、手の届く箇所は確実に除菌できる手拭きで行っております。噴霧法での除菌は細かい箇所まで行き届かなかったり均一に除菌できない事があります。

 

接触感染対策コーティングの効果はどのくらいの期間持ちますか?

使用頻度や施工場所により1〜3年が目安です。一般家庭で3〜5年前後 人の出入りの多い店舗や医療機関・介護施設等には1〜2年ごとの再施工をお勧めします。ドアノブ等よく手を触れる箇所は1〜2年 壁面等あまり頻繁に手を触れない箇所は5年が目安です。手を触れなければ理論上は半永久的に持続します。

 

施工後のお手入れ方法はどうすればいいんですか?

施工後は市販の洗剤やアルコールや次亜塩素酸ナトリウム等をご使用いただけます。ただし、サンドペーパー・金属タワシやコンパウンド(研磨剤)の入ったクレンザーや激落ちくん等のメラミンスポンジはコーティング面が摩耗するので使用しないでください。

 

接触感染対策コーティングはウィルスに効果はありますか?

接触感染対策コーティング(無光触媒コーティング)は「リン酸チタニア」を成分とするコーティング剤を、お部屋の壁面クロス・扉・スイッチ・家具・カーテン・衣類などに、専用のガンにて塗布・定着させ、空気中や物の表面に浮遊している様々なウイルスや菌を分解し効果を発揮します。
「リン酸チタニア」その効果は、第三者機関にてインフルエンザウイルスやノロウイルスなどを用いて、ウイルスの不活性化効果試験にてウイルス不活性化効果を試験実証済です。
※新型コロナウイルスやSARSなどの、特定の菌やウイルスに係わる疾病予防や治療の効果については検証しておりません。
※ウィルスの具体的な名称を挙げることはできません
※ウィルスや細菌は数えきれないくらい沢山あります。それらの全ての試験結果データはありません。

 

小さい子供がいますが、人体に安全なんですか?

人畜無害なコーティング剤なので、接触感染対策コーティング施工した物をお子さんが口に含んだとしても安全です。詳しくは安全性・試験結果データのページをご覧ください。

 

 

 

接触感染対策コーティングを施工すれば絶対感染しませんか?

残念ながらすべての細菌やウィルスが100%なくなるわけではありません。アルコール等の消毒薬によるこまめな消毒や手洗い等感染予防策が必要です。

 

接触感染対策コーティングは新型コロナウィルスの予防になりますか?

新型コロナウィルスは未知の新しいウィルスなので接触感染対策コーティング(無光触媒技術)にて使用されている成分「リン酸チタニア」が、新型コロナウイルスを分解・無害化しますとは現時点で、特定や断定はできません。

 

どんな物にでもコーティングできますか?

ほとんどの物に施工可能ですが、自動車のフロントガラスや高価なブランド品や美術品・骨董品やペルシャ絨毯等の貴重品には施工しません。精密機械も施工できない場合がございます。

 

 

トップページに戻る

 

 

サービスメニュー

トップへ戻る